上場会社 法務部 できごと

上場会社と取引をすることになり 契約書を作成し 上場会社に送った

ところが その 契約書 に 上場会社 が 噛みついた

ま~ 一言で いえば 

瑕疵担保とは 遅延損害金とは 危険負担とは と どういう意味だと

仕方ないので ことこまかに 文にて説明したが・・・

どうも 理解できなかったらしく 呼び出しをくらった

上場会社の法務部 3人 
当社は 営業 1人 と 当職 の 2人 だけ

で サル でも理解できるように説明していった

遅延損害金とは
所有権留保とは
瑕疵担保とは
危険負担とは

これを事細かに説明した

どうも 上場会社の法務部の3人は まったく法律の知識がなく
どのように対処したら良いか分らなかったようだ・・・


上場会社で かつ法務部というからには そこそこ法律の勉強をしてもらいたい
あまりにも 勉強をしていない こんな法務部をみたのは
おそらく 過去 にも 未来永劫 もないだろう

本当に ビックリ する出来事であった

しかし いくら なんでも 酷すぎる レベル の 上場企業 の 法務部
でした










この記事へのコメント

この記事へのトラックバック