第三者弁済 支払名義が違う場合?

さてさて・・・

売主を甲 買主を乙とする 商品の売買契約を締結した
当然 支払者は乙である

ところが 
乙から 支払名義は 今後 丙名義でおこなわれると連絡があった

スーパートンチンカンの
法務部長さんが 関係者を集め
 真顔で 言いました


丙が 商品代金を支払ってこない場合 
甲は 乙に対し請求できない・・・
あくまでも 支払者が 丙だからであると・・・

このような場合 どうすれば良いの

つまり 法務部長さんは 乙に支払義務がないと 言いたいわけなんですな・・・

契約で 当事者が 甲 乙 になっており
単に 支払者が 丙なので 
普通に 乙に請求できますよと 答えました

法務部長さん
 そうなの・・・
乙に 請求できるんだ・・・
ん~ 法律は難しいね

お前が 勉強不足なんだよ と言いたかった
勉強不足どころの 話やないすよ

どのような 思考してんだろう

法務部長と名がついても 中身が空では・・・
このような輩が企業には ごまんと います

バカが移らないように 気をつけます

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック