こんな相殺ありですか?

今回は 相殺についてです

甲は 乙に対し 売掛債権 金90万円 を有している
弁済日を 仮に 7月1日 としよう
遅延損害金  14.6%

乙は 甲に対し 保証金  金100万円を 差し入れている
この保証金は 甲の乙に対する売掛債権の担保である


さて 問題が生じたのはここからである

ま~いつものことであるが・・・

法務部長が 相殺する日付を1年先に延ばせば 
遅延損害金が 金131,400円になる
売掛債権 金90万円 と この遅延損害金が 金131,400円 を
合算した金1,031,400円 と 保証金 金100万円 を相殺する
残り金31,400円についいては 訴訟して回収する 


すばらしい 解決策である

しかし どこから このような いい加減な 解決策が出てくるのか
びっくりの 連続である

ま~ いまでは 今日も 何を言い出すのか 楽しみにしている当職である

相殺も知らない 法務部長 の話しでした








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック