社内弁護士

弁護士の数が増え 就職できない弁護士もおり 
即独立するので 即弁と言われている 世の中 です

確かに 企業に出向き 名刺交換をすると 社内弁護士 という肩書が多い

企業にとって見たら 弁護士 を従業員として雇うのだから これほど良い人材はいないでしょう

しかし 弁護士 が就職もできずにいる 嫌な時代です

昔は 弁護士になれば ちやほやされていたのに 時代が変われば こうも変わるとは・・・


試験に合格し、弁護士として法律事務所に就職しても 
1年もたたないうちに名前が消えているもの良くあります

推測するに 弁護士クビ かなと

確かに 能力のない 弁護士 とかいますから 否定はしませんが・・・

弁護士の数が圧倒的に増えたため どこかで ひずみが生じています




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック